明治22年(1889年)
山形県鶴岡町私立忠愛小学校で、貧困児童のために無料で、おにぎりと漬物の昼食を用意しました。(または、昼食が用意されました。)(日本の学校給食の始まり)
大正3年(1914年)
東京の私立栄養研究所(佐伯矩博士設立)で、文部省の科学研究奨励金を得て、付近の学校の児童に学校給食を実施しました。
大正 8年(1919年)
東京都の小学校で栄養パンの学校給食が開始されました。
昭和 7年(1932年)
9月、文部省訓令第18号「学校給食臨時施設方法」が定められ、はじめて国庫補助によって貧困児童救済のための学校給食が実施されました。目的も、就学率を高めることや児童の体位向上などが目的とされていました。
昭和 9年(1934年)
東京都麹町小学校でコップにつぎ分けた国産牛乳を飲みました。
昭和15年(1940年)
4月、文部省訓令第18号「学校給食奨励規定」で従来の貧困児だけでなく、栄養不良、身体虚弱児童も対象に含めた栄養的な学校給食の実施がはかられます。
昭和19年(1944年)
3月、6大都市の小学生児童約200万人に対し、米・みそ等を特別配給して学校給食を実施しました。この頃までの給食は貧困、虚弱児童を対象としました。第二次世界大戦のため、食糧事情悪化で学校給食を中断しました。
昭和21年(1946年)
12月、文部・厚生・農林三省次官通達「学校給食実施の普及奨励について」が発せられ、戦後の新しい学校給食がスタートしました。東京、神奈川、千葉の小学生25万人に脱脂粉乳の給食が開始されました。アメリカの民間団体の援助によるララ物資で週23回、ミルクとおかずの給食。 (ミルクは、脱脂粉乳22gを180mlに溶かしたもの。)
昭和22年(1947年)
1月、全国都市の児童約300万人に対しミルク(アメリカから無償で与えられた脱脂粉乳)とおかずの学校給食を開始しました。
昭和24年(1948年)
10月、ユニセフ(国際連合児童基金)からミルクの寄贈を受け、ユニセフ給食が開始されました。
昭和25年(1950年)
8大都市の小学校で、アメリカ寄贈の小麦粉によりはじめて、パン、ミルク、おかずの完全給食を開始しました。
昭和26年(1951年)
全国の小学校で完全給食が実施されました。
昭和27年(1952年)
小麦粉に対する半額国庫補助が開始されます。4月から、全国すべての小学校を対象に完全給食が実施されました。
昭和29年(1954年)
6月第19国会で「学校給食法」成立、公布されました。学校給食法施行令、施行規則、実施基準等が定められ、法的に学校給食の実施体制が整いました。これまでと違い、食事についての正しい理解や望ましい習慣をはぐくむと同時に、学校生活を豊かにし、明るい社交性を養う、など、学校給食を教育の一環としてとらえていくことになりました。
昭和31年(1956年)
「学校給食法」が一部改正され、中学校にも適用され、夜間定時制高等学校、中学校で給食が開始されました。