ホーム > トピックス > 牛乳中の放射性物質検査結果に関して

掲載日:2012年3月1日

牛乳中の放射性物質検査結果に関して

 日頃より弊組商品をご愛顧いただきありがとうございます。

 昨日、一般社団法人日本乳業協会ホームページにて牛乳中の放射性物質検査結果が公表されました。
 製品での検査の実施と結果の公表について要望が強いこと、生乳モニタリング検査の有効性を確認するために弊組でも製品での検査を実施しました。

 公表内容につきまして下記のとおり詳細をお知らせします。
 今後も県産農畜産物等の放射性物質検査、空気中の放射線の状況、水道水の放射線の状況等の検査結果を踏まえ、安心・安全な商品をお届けしてまいります。

                           記

試験結果 
 放射性セシウム : 不検出(測定下限値10bq/kg)
 放射性ヨウ素   : 不検出(測定下限値10bq/kg)

試料製造日 2012年2月7日
試験日時  2012年2月8日
試験装置名 γ線スペクトロメーター(ゲルマニウム半導体検出器)
検出器型式 キャンベラ社製GC2018

対象製品
 奥羽そだち牛乳
 奥羽こだわり牛乳
 ヤマラク牛乳
 奥羽牧場牛乳
 山形3.6牛乳
 せいきょう牛乳げんき
 せいきょう牛乳なかよし
 ゴーノメ牧歌3.7牛乳
 ふれあい牛乳
 さがえ3.5牛乳
 業務用牛乳

奥羽乳業協同組合

▲ページの先頭へ